テロの危険と事件

日本の危険なテロ|地下鉄サリン事件

日本で起こった危険なテロ事件で有名な「オウム真理教」という宗教団体が起こした日本国内で起こった日本国民が起こした同時多発テロ事件です。その名の通り東京メトロの地下鉄にて神経ガスのサリンと言われる毒物をばらまき、死傷者を多数出した恐ろしい事件の一つで、被害者は死者8人、重軽傷者660人となっています。地下鉄サリン事件の前には一般人を無差別にねらったこの悪質なテロ行為で、首謀者の麻原彰晃(松本 智津夫)は死刑判決を受け現在も東京拘置所に死刑確定囚として収監されています。地下鉄の電車の中で知らぬまま接触した乗客は

日本の危険なテロ|地下鉄サリン事件の目的

日本で起こった、世界で初の生物化学兵器での危険なテロは、目的として事前に起きていた事件で、警察の捜査のかく乱を目的として行ったテロ行為と言われています。しかしネット上には「政府が事前に把握していた」という見解もあり、防毒マスクの高騰に伴って発生したこのテロ事件は、本当は仕組まれたものだったとの見解もあります。サリンの身体的な毒性だけでなく、事件当初の光景を思い出してしまい、現在も精神的なストレス障害を抱えている人も多く、被害者にとってはまだ未解決でもある危険なテロの一つです。

日本の危険なテロ|地下鉄サリン事件の動機

日本で実際に起こった地下鉄サリン事件の概要としてあげられる捜査のかく乱を目的とした原因は、主に「松本サリン事件」「目黒公証人役場事務長拉致監禁致死事件」「坂本堤弁護士一家殺害事件」とのオウム真理教との関係の捜査の為に家宅捜索に踏み切る予定の警察の捜査のかく乱を動機としています。他にも沢山の容疑をかけられており、オウム真理教を抜けようとしている信者、抜けようとしている疑いのある信者などは、暴力や圧力、最悪は殺人を犯してもオウム真理教から抜ける事は許されなかったようです。サリンの作成に至っては、作成していたオウム信者も死亡しているという事実もあります。

世界初の生物化学兵器テロとオウム真理教

日本で危険なテロ行為をおこしたオウム真理教は仏教系・チベット仏教系の宗教で、オウム(アウム)と言い、この三文字は宇宙の創造、維持、破壊を表していて、「すべては無常である」という意味の言葉でもあるようです。そのオウム真理教の活動は反社会的な物が多く、「自動小銃」「化学兵器」「麻薬」などの製造・量産を行っていたと言われています。