テロの危険と事件

日本国内のテロの危険性

日本ではまだ「テロ」と言われても、その危険性と発生するかもしれないという危機感はそこまでないでしょう。しかしこれまでに、実はテロと言われる行為・事件そのものは複数回日本でも起きているのです。テロの知識と危険性を知り、その知識を深めておき、これから起こりうる可能性もあるテロについても危険予知が可能になるかもしれません。テロの目的と深く関わる宗教間の問題とテロの手法について知っていきましょう。

実際に起こった危険なテロ目的

日本でも実際に過去にも起きているテロですが。テロとは正式には「テロリズム」の略称で使われている言葉で、テロリズムの意味は、国・政治・宗教間で対立している相手に「暴力・殺人」をもって要求を押し通す行為の事を指します。このような不満を持った人間の間で、「会談できない・してもらえない・要求しても意味がない」などの事情で、最後には暴力行為に走ってしまうケースがほとんどです。日本でも有名なテロ行為として最近実際に起こった「フランスの同時多発テロ」が日本でもテレビメディアに大きく取り上げられていました。「同時多発テロ」とは、同時期に沢山の場所で、もしくは連続的にテロ行為が行われる様を指すものです。無関係な一般人を殺害する事で、そのグループの要求を飲まないとこうなるぞ、という力を見せつける目的や、要求が通らなかったことによる報復を恐れさせる事を目的としていることも多いようです。

日本でも起こりうるテロの危険な手法

日本でも実際に宗教団体が起こしたウィルステロが有名ですが、過去のテロ行為には様々な手法で危険な暴力行為を行われています。その種類は様々で、「サイバーテロ」「爆破テロ」「生物化学兵器テロ」「無差別発砲テロ」「電力テロ」などがあります。サイバーテロとは、コンピューターを使った電子的な攻撃を仕掛けるテロ行為の事です。ハッキングなどによるシステムへの攻撃で相手に損失を与えるテロ行為です。電力テロは発電所や変電所を襲い、破壊する事で経済的なダメージを与える目的で行われるテロ行為です。他にも、サッカーの試合をテレビ観戦していた子供が、対戦国が対立する国が勝利する試合だったため、ISISにより10代の若い子供が13人処刑されるというテロ行為も話題となりました。この様にテロでは、先進国ならではのサイバーテロの危険や、日本の国民を無差別に狙ったテロなど、無関係であってもいつどこでテロ行為が行われるのかもわからない恐怖もあります。

日本でのテロの発生の危険性

日本は治安も良く、世界中からみたら富裕国ともいえるため、テロ行為の危険性も少なく、テロとは無縁の国と思えるでしょうが、そうではありません。先日起こったフランスの無差別テロ事件の様に、いつどこでテロ行為が発生するかはわからない状況です。さらに、ISに処刑されたジャーナリスト達も、日本がISに対する有志連合に参加したことも理由としてあり、今後の日本へのテロ活動も0とは言い切れない状況にあるのです。平和で暮らしやすい国だから、遠い国のテロ問題に関係がない、と平和ボケした考えではなく、今後は日本でもテロの危険があることを念頭に入れ生活していかなければならないといえるでしょう。

便利Webサイト

人妻掲示板
http://xn--gmq11yx3hw1bq9cx0wxln.com/
SMテレクラ
http://chatnew.net/
テレクラ番号.com
http://xn--pck2b0fk1795b663b.com/
ブランド品買取業者
http://xn--gdkza9cxb371zwjf7ubx78flr4brs0azq6a.net/

2016/1/21